笠雲をかぶった富士山写真並ぶ

更新日:2019年08月12日(月)

 南部町福士の若林明さん(84)は、同町大和の近藤浩一路記念南部町立美術館で「笠雲富士写真展」を開いている=写真。

 若林さんが町内で撮影した笠雲をかぶった富士山の写真32点を展示。写真は全てフィルムカメラで撮ったという。笠雲をかぶった富士山が朝焼けで赤く染まった作品のほか、六地蔵公園にある「明岳院の六地蔵」と富士山を一緒に写した写真などがある。

 若林さんは「さまざまな形や色をした笠雲と富士山の写真を楽しんでほしい」と話している。

 25日まで。午前9時半〜午後5時(入館は同4時半まで)。入場無料。

ページの先頭へ戻る