取り組みを報告、富士吉田で学会
ノルディックウオーク

更新日:2019年07月14日(日)

 「第8回日本ノルディック・ウォーク学会」(日本ノルディック・ウォーク学会など主催)が13、14の両日、富士吉田市内などで開かれている。

 ノルディックウオークは、スキーのストックに似た2本のポールを両手で突きながら歩くフィンランド生まれのスポーツ。年齢を問わず取り組むことができる特長があり、リハビリなどにも採用されている。

 初日は富士吉田市のハイランドリゾートホテル&スパで開かれ、全国各地の大学教授らが、各地の取り組みや効果について講演した=写真。14日は同市や富士河口湖町でノルディックウオークの体験会などを開く。

ページの先頭へ戻る