「富士まで歩る講」25日まで参加募集

更新日:2019年05月15日(水)

 富士山の山開きに合わせ、東京・日本橋から歩いて富士山を目指す「富士まで歩(あ)る講」(富士吉田市など主催)が6月26〜30日に行われる。5月25日まで参加者を募集している。

 富士講が盛んだった江戸から明治期にかけて、多くの信仰者が歩いた「富士みち」をたどる恒例行事で、今年で20回目。これまでに県内外から300人以上が参加し、「自分の見つめ直し」のために参加する人もいたという。

 参加者は東京・鉄砲洲稲荷神社を出発。白い行衣を着用し、金剛杖を手に富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社まで約120キロの道のりを歩く。

 参加資格は18〜75歳の健康な人。定員は15人で、応募多数の場合は抽選。参加費は6万円(宿泊費や金剛杖代など)。

 問い合わせはイベントを共催するふじよしだ観光振興サービス、電話0555(21)1000。

ページの先頭へ戻る