新緑に浮かぶ青い湖面
市川三郷・四尾連湖

更新日:2019年05月12日(日)

 市川三郷町山保の四尾連湖周辺で、新緑の最盛期を迎えている。

 標高800メートルを超える湖畔の雑木林は4月下旬に芽吹き始めた。日ごとに新緑の色は深まり、わき水をたたえる青い湖面に映える。

 上空からは、濃淡のある緑のパッチワークで山肌を覆ったように見える。

 湖畔の水明荘によると、多くの行楽客が湖を一周するコースを散策したりキャンプをしたりして、新緑を楽しんでいるという。

新緑が彩る四尾連湖。写真奥は富士山=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から
新緑が彩る四尾連湖。写真奥は富士山=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から
ページの先頭へ戻る