倒木の「厄神ルート」復旧
台風被害、倉見山登山道
西桂町「新緑楽しんで」

更新日:2019年05月12日(日)

 昨年9月の台風21号による被害で通行止めとなっていた西桂町倉見の倉見山の二つの登山道のうち、町が進めていた「厄神ルート」の復旧作業が完了した。倉見山は富士山の眺望などで人気がある。もう一つの「洞谷ルート」はすでに通行が可能となっていて、同町担当者は「登山客が増える観光シーズンを前に復旧することができて良かった」と話している。

 町産業振興課によると、倉見山は標高1256メートル。山頂からは富士山などを眺めることができ、麓にはクマガイソウが群生していて、登山スポットとして人気という。厄神ルートは厄神社、洞谷ルートは町民グラウンド付近を出発して登頂することができる。

 昨年9月の台風21号では、両ルートで倒木などの被害が発生した。町は洞谷ルートについて昨年10月までに復旧作業を完了。一方、厄神ルートについては中腹の「さすの平」から山頂までの約1キロ区間で複数の倒木や登山道の一部が削れるなど被害が深刻で、作業が約7カ月に及んだ。

 同課の担当者は「歩きづらい箇所があるので、注意しながら登ってほしい。山頂からは富士山や富士吉田市の市街地などを望むことができる。新緑の登山を楽しんでもらいたい」と話している。

倒木などの撤去が終わり、通行が可能になった厄神ルート=西桂・倉見山
倒木などの撤去が終わり、通行が可能になった厄神ルート=西桂・倉見山
ページの先頭へ戻る