県産梅の梅酒発売
甲府の業者、麦芽ウイスキーも

更新日:2019年04月13日(土)

 酒類企画販売のミレックスジャパン(甲府市小瀬町、松村昌樹社長)は、県産の梅と同社の「富士山ウイスキー」で仕込んだ梅酒「富士山 梅酒」と、モルト(麦芽)原酒100%のウイスキー「富士山ウイスキー ピュアモルト」を同時発売した。

 「富士山 梅酒」は、同社が販売している「富士山ウイスキー」と県産の梅、富士山の天然水を使用。梅のふくよかさとウイスキーの香りが特徴という。アルコール度数は15%で700ミリリットル入り。希望小売価格は3500円(税別、ギフト箱付き)。

 「富士山ウイスキー ピュアモルト」は、モルト原酒のみで醸造し、富士山の天然水で仕上げた。香り高く、深い味わいに仕上げたという。アルコール度数は40%で、750ミリリットル入り。希望小売価格は4800円(税別、ギフト箱付き)。

 同社の担当者は「いずれもぜいたくな味わいになった。花見などの場で楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせはミレックスジャパン、電話055(241)8481。

県産の梅と「富士山ウイスキー」を使った梅酒「富士山 梅酒」(左)とモルト原酒100%のウイスキー「富士山ウイスキー ピュアモルト」
県産の梅と「富士山ウイスキー」を使った梅酒「富士山 梅酒」(左)とモルト原酒100%のウイスキー「富士山ウイスキー ピュアモルト」
ページの先頭へ戻る