山岳遭難175人、高水準
昨年県内、60代以上が半数

更新日:2019年01月25日(金)

 山梨県内で2018年に発生した山岳遭難の遭難者は175人で過去2番目に多かったことが24日、県警のまとめで分かった。70代が最も多く、60代以上が半数近くに上った。

 県警地域課によると、18年の山岳遭難の発生件数は145件。1965年の統計開始以降、最多だった2017年よりも16件減ったが、過去3番目に多かった。遭難者は17年より5人減。死者は25人で5人減少し、負傷者も67人で14人減った。

 年代別に見ると、70代が39人で最多。次いで60代の36人、50代の32人、40代は30人だった。遭難者のうち、60代以上が45.7%を占めた。

 山系別では、南アルプスが61人で最も多く、次いで八ケ岳・秩父が45人、富士・御坂36人と続いた。原因は道迷いが55人と最多で、滑落が40人、転倒27人、発病17人だった。

 遭難者のうち、登山計画書が未提出だった人は76.8%に上った。

 鶴田孝一生活安全部長は24日の定例会見で「山登りでは、道迷いや転倒、天候の急変など予想外の事態が起きうる。万全の備えをしっかりしてもらいたい」と話した。

ページの先頭へ戻る