作物「やや豊作」 富士登山「増加」
占い神事「筒粥」富士吉田で厳かに

更新日:2019年01月16日(水)

 富士吉田市下吉田の小室浅間神社(渡辺平一郎宮司)で14日夜から15日未明にかけて、農作物の豊凶などを占う「筒粥神事」が行われた。農作物はやや豊作、富士登山者は昨年を上回る、との結果が出た。

 筒粥神事は、流鏑馬に並び同神社で800年以上続くとされる伝統行事。神事をつかさどる「占人」が、かゆを炊く大釜に長さ17センチほどのヨシ24本を付けた「粥柱」を入れて煮る。ヨシに入ったかゆの量で小麦や稲、蚕、小豆、アワなど作物18種類ごとの豊凶や富士山を参詣登山する「道者」の数を占う。

 14日は午後9時すぎに本殿で神事を行った後、占人8人と氏子総代らが境内の「筒粥殿」にこもった。10時ごろ釜に火を着け、水が沸くとコメやアワを投入。占人が何回も釜をかき混ぜながら、粥柱を立てて煮込んだ。

 15日午前1時すぎにかゆが煮上がると、引き上げたヨシ24本を順番に割って量を確認。昨年「3分」だった道者は「8分」と出たほか、農作物も軒並みかゆの量が多かった。カツの木を使った12カ月ごとの天気も占い、3、8月に強い風が吹くとの結果が出た。占いは3時すぎまで続いた。

 占人で筒粥保存会の渡辺明代表(83)は「地元でも筒粥神事を知らない人が増えてきている。若者にも参加してもらい継承していきたい」と話していた。

釜に「粥柱」を入れかゆを煮る占人=富士吉田・小室浅間神社
釜に「粥柱」を入れかゆを煮る占人=富士吉田・小室浅間神社
かゆが煮上がるのを見守る占人=富士吉田・小室浅間神社
かゆが煮上がるのを見守る占人=富士吉田・小室浅間神社
「粥柱」のヨシを半分に割り、中に入ったかゆの量で農作物の豊凶などを占う占人=富士吉田・小室浅間神社
「粥柱」のヨシを半分に割り、中に入ったかゆの量で農作物の豊凶などを占う占人=富士吉田・小室浅間神社
ページの先頭へ戻る