監督に菅野氏、女子サッカーFCふじざくら

更新日:2019年01月01日(火)

 鳴沢村に拠点を置く女子サッカーチーム「FCふじざくら」は31日、昨季なでしこリーグ1部・ノジマステラ神奈川相模原を率いていた菅野将晃氏(58)が監督に就任すると発表した。契約期間は6年。

 菅野氏は神奈川県出身。現役時代は古河電工、京都パープルサンガなどでプレーし、1995年から指導者としてのキャリアをスタートさせた。2012年から監督兼GMとしてノジマステラ神奈川相模原の立ち上げに関わり、15年になでしこリーグ2部、17年に1部へ昇格。昨年は3位だった。

 菅野氏はクラブを通じ「新たな女子サッカーへの取り組みに共感した。24年間に渡る指導歴の集大成として知識や経験、情熱の全てを注ぎたい」とコメントした。

 「FCふじざくら」は、観光業などの富士観光開発(富士河口湖町、志村和也社長)が設立した一般社団法人「ふじざくらスポーツクラブ」が運営。今後、選手のセレクションを実施し、2月末に選手とともに菅野氏の就任会見を開く。

ページの先頭へ戻る