山中湖、氷点下11.6度
県内、冷え込み今冬一番

更新日:2018年12月30日(日)

 山梨県内は29日、強い寒波の影響で、この冬一番の冷え込みとなった。最低気温は山中湖で氷点下11.6度を記録するなど、大泉を除く9地点で今季最低を更新した。

 甲府地方気象台によると、同日午後7時時点の各地の最低気温は河口湖氷点下8.9度、韮崎同7.5度、大月同6.4度、甲府・古関同6.0度、甲府同5.0度など。観測全10地点で氷点下となり、平年を5.2〜1.2度下回った。

 山中湖畔ではこの日、ダウンジャケットを着込んだ観光客が湖面を漂う白鳥を写真に収めていた。

 30日は晴れるものの、日本上空に入り込んだ寒気の影響で、寒い1日になる見込み。予想最低気温は甲府氷点下6度、河口湖氷点下10度で、各地で今冬一番の寒さになる可能性がある。

白鳥を撮影する観光客。湖の一部には氷が張っていた=山中湖村山中
白鳥を撮影する観光客。湖の一部には氷が張っていた=山中湖村山中
ページの先頭へ戻る