待望の初滑り、鳴沢のスキー場

更新日:2018年12月15日(土)

 県内のスキー場のトップを切って、鳴沢村の「ふじてんスノーリゾート」が14日、今シーズンの営業をスタートした。県内外から多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れ、富士山の麓で初滑りを楽しんだ。

 今月初旬のオープン予定だったが、暖かかった影響でゲレンデ造りが遅れていた。運営する富士観光開発によると、オープンしたのは全7コースのうち、初級・中級者向けのスラロームコース(全長約1300メートル)。降雪作業を続け、1月中旬には全て滑走可能になる見込みという。

滑りを楽しむスノーボーダー=鳴沢村
滑りを楽しむスノーボーダー=鳴沢村
ページの先頭へ戻る