「吉田のうどん」動画で発信
武藤敬司さん店主役でひと肌

更新日:2018年12月14日(金)

 富士吉田市は「吉田のうどん」の認知度を高めようと、同市出身のプロレスラー武藤敬司さんを起用したPR動画を製作した。動画投稿サイト「ユーチューブ」で視聴できる。

 市富士山課によると、動画のタイトルは「ムトウ踊るマハラジャ」。1995年に大ヒットしたインド映画のパロディーで、2分50秒にまとめた。

 麺が硬い「吉田のうどん」店の店主役を武藤さんが務め、インド人に扮する女性が経営する「しこしこもちもち」を特徴とするうどん店としのぎを削るストーリー。インド映画風の音楽や踊りを取り入れたほか、ユーモアを交えた演出を施している。

 動画製作は東京都内の映像会社に依頼。11月中旬に市内の農村公園やうどん店などで撮影し、市民や市職員も出演している。同課の担当者は「動画をきっかけに、地元のソウルフードである吉田のうどんを世界にアピールしたい」と話している。

ページの先頭へ戻る