富士山夏山期終わる
マイカー規制も終了

更新日:2018年09月11日(火)

 山梨県側の富士山は10日、今季の夏山シーズンを終え「山じまい」となった。富士山5合目につながる富士山有料道路(富士スバルライン)のマイカー規制も同日、終了した。

 富士吉田市富士山課によると、7月1日の山開き以降の登山者数(7〜8月)は17万6684人で、昨シーズンより2万196人(10.3%)減。吉田口登山道の6合目安全指導センターで、スタッフの目視などで計測した。

 10日午前に下山してきた、東京都世田谷区の大学2年木村駿さん(20)は「閉山間際に駆け込みで初めて登った。雨風が強く、次は晴れた日に来たい」と話していた。

 一方、渋滞の緩和や環境保護などを目的に実施されているマイカー規制は10日午後5時に終了。過去最長だった昨シーズンと同じ、7月10日から9月10日の63日間実施した。期間中は許可を受けた車両を除き、一般車両の通行を禁止。電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)は規制対象外とした。

富士山の「山じまい」を迎え、下山する登山者=富士山5合目
富士山の「山じまい」を迎え、下山する登山者=富士山5合目
ページの先頭へ戻る