高速道路周遊パスと富士急遊具券セット
中日本高速

更新日:2018年07月12日(木)

 中日本高速道路は11日、定額で中央自動車道が乗り放題になる高速道路周遊パスと、富士急ハイランド(富士吉田市)で午後2時以降に使用できるアフタヌーンパスをセットにしたドライブ旅行商品を発売すると発表した。休日に夕方以降も富士急ハイランドで楽しめば、中央道上り線で発生する混雑のピークを避けて帰宅できるとPRしている。

 商品は「富士急ハイランドアフタヌーンパスドライブプラン」。東京都、神奈川県の発着エリアから郡内地域などの周遊エリアまでの往復料金と大人1人分のアフタヌーンパスが付き、周遊エリア内の高速道が乗り放題になる。

 料金は発着エリアなどで異なる5200〜6600円。通行料は通常より約4割安くなる計算という。利用期間は14日〜9月24日(8月10〜16日を除く)。自動料金収受システム(ETC)を備えた車両限定のプランで、利用の前日までに中日本高速のウェブサイトから申し込む。

 中央道では、休日の夕方以降の上り線で慢性的に渋滞が発生。東京都内で会見した宮池克人社長は、プランを利用して夕方以降も富士急ハイランドにいれば「混雑のピークを避け、スムーズに帰ることができる」と述べた。

ページの先頭へ戻る