富士山 御来光に万歳

更新日:2018年07月02日(月)

 富士山が世界文化遺産に登録されて5年。山梨県側では1日、夏山シーズンの到来を告げる山開きを迎えた。雲間から太陽が姿を見せると、山頂に集まった登山者から歓声が上がった。

 今年は週末に開山日を迎え、天候にも恵まれたことから、多くの登山客が山頂を目指した。この日、6合目の安全指導センター前を通過した登山者は1458人(1日午前0時〜午後5時)。1日未明には、登山者のヘッドライトの明かりが連なり、「光の列」ができた。

 山頂には午前3時ごろから続々と登山者が集まり、約200人が雲海に向けてカメラやスマートフォンを構えた。4時半ごろ、オレンジ色に染まった雲の合間から太陽が見えると、シャッターを切る音が響き、「万歳」などと声が上がった。

 静岡県側は10日に山開きを迎える。

御来光に歓声を上げる登山者=富士山頂
御来光に歓声を上げる登山者=富士山頂
ページの先頭へ戻る