「田原の滝公園」完成
都留市 観光客の散策拠点に

更新日:2018年06月14日(木)

 都留市は環境省の「平成の名水百選」に選出された「十日市場・夏狩湧水群」の散策コースの出発地点として、同市田原4丁目に「田原の滝公園」を整備した。

 観光名所「田原の滝」に隣接し、敷地面積は約1500平方メートル。湧水群の「太郎・次郎滝」や、境内に湧水が流れる永寿院などを巡るコースを紹介する看板を設けた。湧水地やベンチの場所を示したほか、各名称を日本語と英語で表記している。

 園内には富士山の湧水をイメージした水を使ったオブジェや、田原の滝を間近に望む展望台を設けた。最大8台分の駐車スペースと24時間利用が可能なトイレも整備した。

 市はこれまで湧水群周辺に十分な駐車スペースがなかったことなどから、市外からの観光客が散策の拠点として利用できる場所をつくろうと、2016年12月から整備していた。今年5月に完成した。総事業費は約5000万円。

 市担当者は「多くの人に利用してもらい、観光振興につなげていきたい」と話している。

湧水をイメージしたオブジェを設けた公園=都留市田原4丁目
湧水をイメージしたオブジェを設けた公園=都留市田原4丁目
ページの先頭へ戻る