電源付き駐車場整備「道の駅つる」
キャンプ車向けに6台分

更新日:2018年05月13日(日)

 都留市大原の「道の駅つる」は、キャンピングカーの利用者を対象に電源設備を設けた有料駐車場を整備した。6台分のスペースを用意していて、1泊2500円で利用できる。

 道の駅によると、有料駐車場にはコンセントを2口用意しているほか、ごみの回収サービスも行う。宿泊は午後5時から翌日の午前10時までで、連泊の日数制限はない。

 キャンピングカーの普及を進める一般社団法人日本RV協会(降旗貴史会長)の「RVパーク」の認定を目指す。協会によると、RVパークは全国の道の駅や温泉施設など100カ所以上にあり、県内では5カ所が認定を受けている。

 24時間利用が可能なトイレがあるなど一定の条件を満たす必要があり、認定されればPR効果が期待できるという。道の駅の担当者は「富士北麓地域への観光客を積極的に呼び込んでいきたい」と話している。

 利用に関する問い合わせは道の駅つる、電話0554(43)1110。

車中泊の利用者向けにコンセントを設置した有料駐車場=都留市大原
車中泊の利用者向けにコンセントを設置した有料駐車場=都留市大原
ページの先頭へ戻る