ゆるキャン△「聖地」巡ろう
県内に5コース設定
21日からスタンプラリー

更新日:2018年04月19日(木)

 山梨を舞台に女子高校生のアウトドア体験を描いた人気アニメ「ゆるキャン△」に登場するモデル地を巡るデジタルスタンプラリー(「ゆるキャン△製作委員会」主催)が、21日から6月3日まで開催される。県内各地に貼られたポスターのQRコードを、スマートフォンで読み取ってスタンプを集める仕組み。「聖地」で収集したスタンプの数に応じて、関連グッズが当たる抽選に応募できる。

 アニメのファンに山梨に足を運んでもらおうと企画。「ゆるくないスタンプラリー」と題して、笛吹川フルーツ公園(山梨市)などを巡る「野クルコース」、本栖湖畔の浩庵キャンプ場(身延町)を訪れる「富士山コース」など5コースを用意している。

 専用の特設サイトにログインした状態で、モデル地や関連スポットに貼ってあるポスターのQRコードを読み取ると、スタンプを押したことになる。各コースのデジタルスタンプを全て集めると、関連グッズの抽選に応募できる。プレゼントはコースによって異なり、声優のサイン入りたき火台や番組ポスターなどが当たる。

 やまなし観光推進機構はイベントに合わせて、5コース全てを1泊2日で巡るバスツアーを5月25〜26日に開催。JR新宿駅発着で、参加者を募っている。スタンプラリーの開催について、同機構の担当者は「放映が開始されてから、多くのファンが山梨を訪れている。イベントを通じてさらに現地の魅力を伝えていきたい」と話している。

ページの先頭へ戻る