富士山の保全活動PR 世界遺産国民会議

更新日:2017年09月10日(日)

 NPO法人「富士山世界遺産国民会議」(青柳正規理事長)は9日、甲府・山梨中銀スタジアムで、富士山の保全活動をPRするキャンペーンをした。

 サッカーJ1・ヴァンフォーレ甲府と清水エスパルスの対戦「富士山ダービー」に合わせて企画。同法人のメンバーら計約10人が「富士山をいつまでも世界遺産に」などと書かれたパンフレットやシールを来場者に配った=写真。

 同法人の武田一雄事務局長(63)は「富士山の美しさを守る意識を多くの人と共有したい」と、“堅守”をアピールしていた。

ページの先頭へ戻る