富士山頂で「夢」掲げる あす登山
てんかん持病和歌山の男性
1700キロ行脚、300人分募る

更新日:2017年08月25日(金)

 てんかんの持病がある和歌山市の森幹夫さん(42)が、全国の人々がハンカチに書いた夢を富士山頂で掲げる「富士夢祭り」の企画で、リヤカーを引きながら約1700キロを歩き、約300人の夢を集めて富士吉田市に到着した。26日に麓から登る計画で「多くの人々に元気をもらった。28日にはみんなの夢を山頂に掲げたい」と話している。…

 … 詳細は、富士山NETクラブ「富士山ニュースコーナー」でご覧ください。

富士山形のみこしをリヤカーに載せ、約1700キロを歩きながら夢を集めた森幹夫さん=富士吉田市上吉田2丁目
富士山形のみこしをリヤカーに載せ、約1700キロを歩きながら夢を集めた森幹夫さん=富士吉田市上吉田2丁目
ページの先頭へ戻る