富士山入山料 団体納付の導入で…

更新日:2017年08月20日(日)

 世界文化遺産の富士山で、保全協力金(入山料)の協力率向上につなげようと、山梨県が今夏、新しい団体納付制度を設けた。登山ツアーを運営する旅行会社などが登山者の協力金を一括納付すれば、手数料として5%が会社側に支払われる仕組みで、各社のツアーでは代金に協力金を上乗せしたり、添乗員がバスの車内で集金したりする動きが出ている。7月の団体納付は144万円で、県は協力率を押し上げる効果を期待。ただ、地元関係者からは手数料の支払いに「協力金本来の趣旨が損なわれかねない」との声も漏れる。…

 … 詳細は 山梨日日新聞 世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュース または、さんにちEye「富士山コーナー」でご覧ください。

添乗員から協力金の返礼品の木札を受け取る登山ツアーの参加者=富士山5合目
添乗員から協力金の返礼品の木札を受け取る登山ツアーの参加者=富士山5合目
ページの先頭へ戻る