冨嶽三十六景、歴史的に解説
世界遺産センターで企画展

更新日:2017年08月08日(火)

 富士河口湖町の県立富士山世界遺産センターは、企画展「再現冨嶽三十六景の世界」を開いている。江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎が描いた冨嶽三十六景を、富士山信仰などの歴史的観点から解説している。

 解説しているのは、山梨県内を描いた7点。…

 … 詳細は、富士山NETクラブ「富士山ニュースコーナー」でご覧ください。

冨嶽三十六景のうち山梨県内を描いた作品が並ぶ企画展=富士河口湖・県立富士山世界遺産センター
冨嶽三十六景のうち山梨県内を描いた作品が並ぶ企画展=富士河口湖・県立富士山世界遺産センター
ページの先頭へ戻る