ふじさんクエスト > 文化・芸術 >

1. 「富士山教育の日」制定
 山梨県富士吉田の吉田小が2016年、富士山が世界文化遺産に登録された6月22日を「吉小富士山教育の......

2.「おし街さんぽ」で富士山の歴史文化を学ぶ
 世界文化遺産に登録された富士山の構成資産の御師(おし)の家「旧外川家住宅」や北口本宮冨士浅間神社が......

3.「ダイヤモンド富士」望む地に立つ文学碑
 富士山頂から太陽が昇る「ダイヤモンド富士」を望む地として知られる富士川町高下に、「うつくしきものミ......

4.「北麓に春」 愛染地蔵尊祭
 富士北麓地域に春を呼ぶ行事で、厄除けの御利益があるとされる、山梨県富士吉田市下吉田の「愛染(あいぜ......

5.「奉納鯉の碑」とモニュメント・記念碑
 山梨県山中湖村山中にある「奉納鯉の碑」は、現在の埼玉県寄居町を中心とした富士講「丸正講」の行者が1......

6.「富士山」名前の由来
(「ふじさん」なまえのゆらい)  なぜ「ふじさん」と呼び、「富士山」と書くようになったのか、謎のベ......

7.「富士山憲章」周知へ公募写真コンクール
 1998年に山梨、静岡両県が制定した「富士山憲章」の周知を兼ねて企画された公募写真コンクール『富士......

8.「御師料理」観光資源化へプロジェクト
 富士講信者の宿坊である御師の家で振る舞われていた「御師料理」を観光資源として、観光客へ提供しようと......

9.「東西音楽の対話と融合」テーマに音楽祭
 富士の麓で、「世界トップレベルの演奏とアットホームな雰囲気を楽しめる音楽祭」として、定着している「......

10.「生まれ変わる」信仰の場所
◆吉田胎内樹型=[国指定天然記念物 山梨県富士吉田市上吉田 昭4.12.17]  富士吉田市上......

11.「細雪」で情景を描写
 河口湖畔のホテルに滞在して「細雪」を執筆した谷崎潤一郎(1886−1965年)にちなんで山梨県勝山......

12.「郷愁」詠んだ旅の詩人 河口湖畔に碑
 1996年10月、当時の山梨県勝山村(現富士河口湖町)が、同村の河口湖畔遊歩道に詩人・田中冬二(1......

13.さわって感じる冨嶽三十六景
 常磐大(本部・水戸市)コミュニティ振興学部の中村正之教授と同大の学生有志でつくる研究チーム「TEA......

14.ひづめ跡で吉凶占う
 山梨県富士吉田市下吉田の小室浅間神社で、800年以上続く「流鏑馬祭り」。秋に神社の祭神が富士山2合......

15.みこし、舞で孫の誕生祝う
 春。富士北麓に桜咲く4月25日、山梨県富士河口湖町の河口浅間神社では例大祭「孫見祭」が行われる。祭......

16.クニマスの生態を間近で観察
 山梨県富士河口湖町の西湖で約70年ぶりに発見された淡水魚クニマスを紹介する展示館が2016年4月、......

17.クニマスやさしく紹介
 山梨県富士河口湖町が作製した、西湖で生息が確認されたクニマスの歴史などを紹介するパンフレット「奇跡......

18.トレイル本で山梨、静岡の21コース紹介
 世界文化遺産・富士山の山麓を一周踏破するガイドブック「ぐるり富士山トレイルコースガイド」(山梨日日......

19.三島由紀夫と富士
 雄大な富士が望める山中湖村の「文学の森」の一角に1999年、「三島由紀夫文学館」=写真がオープン。......

20.三角形の袋状の布飾りに祈願
 山梨県の富士山麓地域で見られる、三角形の袋状に縫い合わせた布飾り「ヒイチ」。小正月行事や民家の軒先......

21.世界遺産、音頭で親しむ
 歌と踊りを通して世界文化遺産・富士山への思いを育もうと、山梨県富士吉田市の市民らが構成資産を含む富......

22.中村星湖と富士山
 河口村(現富士河口湖町)に生まれた星湖(1884―1974年)は、幼少より文学に親しみ山梨県立尋常......

23.全国の「富士」の石でモニュメント
 「会津富士」に「蝦夷富士」−。富士山のビューポイントとして知られる山梨県富士河口湖町・河口湖北岸の......

24.北斎の傑作 舞台はどこ?
 葛飾北斎の版画「冨嶽三十六景 甲州石班澤(かじかざわ)」。富士川町鰍沢の景観を捉えた作品だが、「ど......

25.北斎の浮世絵を手で触って鑑賞できる触察本
 視覚障害者が、富士山を描いた江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の浮世絵を手で触って鑑賞できる触察本「......

26.古式ゆかしい武田流流鏑馬神事
 砂煙を上げて疾走する馬上から、武者姿の射手がかぶら矢を放つ。次の瞬間、土器でできた三寸的は砕け散り......

27.古式ゆかしく「アイヤサー、テーサー」
 山梨県富士河口湖町本栖地区で300年以上前から続くとされる伝統行事「本栖公家行列」。毎年5月17日......

28.名取春仙と富士
 中巨摩郡明穂村(現在の山梨県南アルプス市小笠原)の綿問屋の五男として生まれた名取春仙(1886−1......

29.城下町に歴史絵巻
 山梨県都留市四日市場の生出(おいで)神社の秋の例祭で毎年9月1日に開かれる、ふるさと時代祭り「八朔......

30.多くの文人が称賛した美景
 天下茶屋は富士河口湖町の国道137号の新御坂トンネル近くのバス停「三ツ峠入り口」から県道708号を......

31.太さ6メートルを超す七本杉
◆河口浅間神社の七本杉=[山梨県天然記念物 富士河口湖町河口 河口浅間神社 昭33.6.19]  ......

32.太宰治と富士
 太宰治(1909−1948年)が退廃した生活から抜け出すため、御坂峠の天下茶屋に移ったのは1938......

33.子どもに富士山の魅力を
 子どもに富士山の魅力を知ってもらおうと、富士登山ツアー企画、実施などを行う山梨県富士吉田市の「富士......

34.富士に鷹図の化粧まわし
 山梨県甲府市出身の日本画家・望月春江(1893〜1979年)によって富士山と鷹が描かれた、鳴沢村出......

35.富士の文化を映像で体感
 山梨県富士吉田市上吉田。1979年に「富士吉田市郷土館」として開館。その後増改築を行い、1993年......

36.富士の景観を歩いて満喫
 国や県、市町村、民間団体などでつくる「ぐるり・富士山風景街道」が富士山の世界文化遺産登録1周年に合......

37.富士の麓で映画祭
 「富士山・河口湖映画祭」は、日本の象徴である「富士山」と最先端の映画映像文化を融合させ、発信してい......

38.富士北麓の自然学習と観光の拠点
 旧山梨県立富士ビジターセンターは1970年11月、富士山北麓において唯一の観光利用案内施設として、......

39.富士山が初めて登場する文学作品
 『万葉集』といわれる。富士山を詠んだ歌が11首あり、中でも山部赤人の歌がよく知られている。 ......

40.富士山の応援歌
 作詞家の故・阿久悠さんが富士山をテーマに書いた詞に、歌手の加藤登紀子さんが曲をつけた「富士山だ」。......

41.富士山の魅力「事典」に
 富士山の魅力を次世代に伝えようと、自然、信仰、芸術など各分野の専門家が分かりやすく解説した「富士山......

42.富士山の麓の野外音楽堂
 山梨県河口湖町(現・富士河口湖町)のまちづくり構想「五感文化構想」の「聴覚」を担う施設として、同町......

43.富士山ソングで「よさこい」
 山梨県上野原市を拠点に活動し、県内外のよさこいソーラン愛好団体でつくる「じょいそーらんグループ」が......

44.富士山一望の公園に市民愛唱歌の碑
 山梨県富士吉田市新倉の新倉山浅間公園に、市が富士山世界文化遺産登録の1周年記念事業のひとつとして設......

45.富士山信仰に関わる最古の神像
 山梨県南アルプス市江原にある江原浅間神社のご神体の女神像「木造浅間神像」。富士山信仰に関わる最古の......

46.富士山美化、絵本で訴え
 山梨県富士河口湖町小立の素和美小の児童が、富士山麓でのごみの不法投棄をテーマに、環境保全を訴える絵......

47.富士山資料を相互に活用
 山梨県立図書館と静岡県立中央図書館が2015年6月、連携協定を締結。富士山の世界文化遺産登録を機に......

48.富士山麓を歌った民謡
 富士エレジーと吉田音頭。「ご当地ソング」の草分け的な民謡といえる。  富士吉田市が1952(......

49.富士撮影の足跡、伝記に
 山梨県忍野村が、富士山を60年にわたり撮り続けた写真家で村にゆかりのある故岡田紅陽(1895−19......

50.富士登山の魅力、感動を歌に
 富士登山をテーマにした歌「富士に寄せて〜六根清浄〜」。山梨県富士吉田市上吉田の小山田利男さんが作詞......

51.富士講の献立
 「食」を通じ、河口御師の歴史を後世に伝える−。山梨県富士河口湖町河口の町おこしグループ「上の坊プロ......

52.富安風生と富士
 熔岩原(らばはら)の野分の荒き男富士  風生(1885−1979年)が初めて富士北麓を訪れた......

53.小中学生向けに「吉田の火祭り」解説
 山梨県富士吉田市のふじさんミュージアム(富士吉田市歴史民俗博物館)が発行した、「吉田の火祭り」を小......

54.山崎隆夫と富士
 山崎隆夫(1905−1991年)は、大阪に生まれ、幼少より画家を志した。18歳の時、医師であった父......

55.川崎小虎と富士
 川崎小虎(1886−1977年)は、岐阜県生まれ。日本画家で、祖父の川崎千虎(1837−1902年......

56.川瀬巴水と富士
 大正期に興った「新版画運動」の重要な担い手であった川瀬巴水(1883−1957年)は、東京市芝区(......

57.御師の家活用、北麓の民俗資料一堂に
 山梨県富士河口湖町船津の富士博物館は、館長の井出泰済さんの祖父に当たる井出公済さんが1954年に開......

58.御師文化伝える貴重な建物
 山梨県富士吉田市上吉田の御師町にある、かつての御師宿坊「浅間坊」。国道139号(富士みち)に面して......

59.御輿に子供の健康願う
 山梨県山中湖村にある山中諏訪神社の秋の例祭「山中明神安産祭り」。毎年9月4日から9月6日に開かれる......

60.教科書にクニマス物語
 秋田県の田沢湖で絶滅したとされ、約70年ぶりに山梨県富士河口湖町の西湖で生息が確認されたクニマスが......

61.新田次郎と富士
(にったじろうとふじ)  山梨ゆかりの作家で新田次郎(1912―1980年)ほど富士山にかかわりの......

62.新田次郎の業績、人間味を網羅
 富士山を愛し、富士山を舞台にした作品を数多く残した作家新田次郎(1912−1980年)の全作品、年......

63.望月春江と富士
 山梨を代表する日本画家として知られる望月春江(1893−1979年)は、西山梨郡住吉村増坪(現・甲......

64.李良枝と富士
 芥川賞作家の李良枝(イ・ヤンジ:1955―92年)さんは山梨県西桂町に生まれ、富士吉田で17歳まで......

65.横山大観と富士
 近代日本画の発展に大きな役割を果たした横山大観は1868(明治元)年、水戸藩士・酒井捨彦の長男とし......

66.歌川広重と富士
 歌川広重(1797−1858年)は、江戸後期の浮世絵師。江戸常火消し同心安藤氏の子として生まれ、1......

67.武田泰淳と富士
 作家武田泰淳(1912−1976年)は富士山有料道路が開通した1964年、山梨県鳴沢村字富士山の「......

68.江戸時代のお茶壺道中再現
 江戸時代の将軍家御用達のお茶を、京都・宇治から江戸まで運ぶ道中を「お茶壺道中」と呼んだ。  ......

69.江戸期の繁栄伝える巨大絵図
 河口浅間神社(山梨県富士河口湖町河口)蔵の「河口村絵図」は、江戸時代の河口村(現在の富士河口湖町河......

70.浮世絵で富士山学ぶ
 山梨県富士山世界文化遺産保存活用推進協議会などが、富士山の大切さについて学ぶ「キッズ・スタディ・プ......

71.湖底に眠っていたなぞの丸木舟
 富士五湖では丸木舟が、西湖、山中湖、河口湖、本栖湖から見つかっている。西湖からは4艘(そう)引き揚......

72.狩野派と富士
 室町時代後期、足利義政によって幕府の御用絵師に任命された狩野正信(1434年ころ−1530年ころ)......

73.白瀧幾之助と富士
 白瀧幾之助(1873−1960年)は兵庫県の出身。小学校を卒業後、工学士を夢見て上京するが、洋画家......

74.目指せ「富士山博士」
 『富士山検定』は地域にかかわる物知り度を競う「ご当地検定」のひとつで、自然・環境・歴史・生活・観光......

75.穴山勝堂と富士
 日本画家・穴山勝堂(1890−1971年)は、御坂町(現・笛吹市御坂町)生まれ。東京美術学校在学中......

76.絵画に見る富士山
 「不二」「不死」とも書かれ、古代から霊峰としてあがめられてきた富士山。平安時代から絵画に登場し、浮......

77.自然美と文化価値発信
 山梨県が富士河口湖町船津に建設した山梨県立富士山世界遺産センター。2016年6月22日オープン。富......

78.英一蝶と富士
 英一蝶(1652−1742)は、伊勢亀山藩石川侯の侍医の子として、京都に生まれた。幼少期に家族とと......

79.萩原英雄と富士
 木版画家・萩原英雄(1913−2007)は甲府市生まれ。東京美術学校(現・東京芸大)油画科を卒業し......

80.葛飾北斎と富士
 葛飾北斎(1760−1849年)は、江戸本所割下水の生まれ。本名は鉄蔵、幼名は時太郎と名乗ったが、......

81.西湖の丸木舟
 富士五湖の精進湖を除く4湖から9隻の丸木舟が発見され、3隻が文化財指定を受けている。9隻のうち4隻......

82.谷崎潤一郎と奥河口湖
 「何処か日本の国でない遠い所へ来たような気がしたが、それは眼に訴える山の形や水の色が変っているから......

83.銭湯の富士
 絵を題材に富士山と日本人のつながりを語るとき、銭湯の壁画は外せない。日本一の山を眺められない場所に......

84.関主税と富士
 風景・花鳥画を得意とし、東山魁夷と並ぶ日本画家として知られる関主税(1919−2000年)は、千葉......

85.電子書籍化で保全意識の向上に
 山梨県山中湖村が、村の自然環境や村内に生息する動植物の生態をまとめた本「山中湖村の自然誌」を電子書......

86.高浜虚子と富士
 俳人虚子(1874−1959年)が山中湖畔に山荘を構え、毎年夏滞在するようになったのは1937年か......

87.2つの「富士日記」
 1つは京都の上賀茂神社神官で歌人として知られた加茂季鷹(かものすえたか)が1790(寛政2)年7月......


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。