クニマスの生態を間近で観察

クニマスの生態を間近で観察

 山梨県富士河口湖町の西湖で約70年ぶりに発見された淡水魚クニマスを紹介する展示館が2016年4月、同町西湖にオープン。クニマスが泳ぐ姿が観察でき、発見に至るまでの経緯も学ぶことができる。

 西湖コウモリ穴管理棟の名称を「西湖ネイチャーセンター」とし、建物の一部を「奇跡の魚−クニマス展示館」として整備。成魚と稚魚のクニマスを展示し、かつての生息地だった秋田県仙北市の田沢湖の歴史、西湖でクニマスが発見された経緯、養殖技術の研究成果などを紹介している。

 展示館の開館時間は、3〜11月が午前9時〜午後5時で休館日なし、12〜2月は午前9時半〜午後4時半で水曜休館。入館無料。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。