溶岩崖に水蒸気噴気孔

溶岩崖に水蒸気噴気孔
 1987(昭和62)年、山梨県鳴沢村字ジラゴンノ地区の村営運動場造成工事現場から、長さ約300メートルの溶岩崖(がい)が姿を現した。この崖壁にこれまで見たこともない「溶岩スパイラクル(溶岩水蒸気噴気孔)」が発見された。

 溶岩流が外気に触れて急激に冷却されたため、内部に含まれたガスが抜け出た跡とみられる。溶岩壁には大気と接する地表部分に細かく無数の穴が開いた層があり、大半はだ円形で、内部の方が硬くち密な構造。

 この溶岩造形は、864(貞観6)年に起きた「貞観の富士山大噴火」によってもたらされたといわれており、質、規模とも世界的に注目されている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。