高浜虚子と富士

高浜虚子と富士
 俳人虚子(1874−1959年)が山中湖畔に山荘を構え、毎年夏滞在するようになったのは1937年からである。俳誌「ホトトギス」の縁で大正時代に飯田蛇笏の手引きによって山梨を訪問して以来、山梨をよく訪れていたが、「ホトトギス雑詠選集」の選句のためであった。

 山荘は「老柳山荘」と名付けられ、地元の柏木緑節、白雨父子ら俳人との交流が始まり句会場にもなった。その句会は虚子によって「新蕎麦会」と名付けられ、虚子の指導のもとやがて岳麓俳壇を形づくっていく。

 選集を選みしよりの山の秋

 1944年、山荘の傍らに建立された句碑の一句である。虚子は第二次大戦後、毎年山中湖畔を訪れ、地元だけでなく全国からやってきた俳人とともに精力的に句会を催した。

 虚子の句碑は北麓に6基建つという。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。