富士山・富士五湖エリアをバスで旅する

富士山・富士五湖エリアをバスで旅する
 山梨県の富士北麓地域1市2町3村と富士五湖観光連盟などでつくる富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会などが企画、発売している「富士山・富士五湖パスポート」は、富士山・富士五湖エリア内で運行している周遊バスや路線バスが乗り放題となる乗車券。

 1泊2日以上の滞在型観光の定着を目指す同推進協が、乗り物や路線の枠組みを超えた統一パスポートを作成。対象となるバスは、河口湖・西湖周遊レトロバス、富士吉田・忍野八海・山中湖周遊バス「ふじっ湖号」、富士登山バス(富士山駅・河口湖駅〜富士スバルライン5合目)、馬返しバスおよび富士五湖エリアの一般路線バスなど。また、エリア内の美術館や温泉、遊覧船など50施設と提携(2013年7月現在)し、パスポートを提示すれば割引などのサービスが受けられる。

 券種は6種類。有効期間(2日間または3日間)、大人/小人、発着地、季節、利用可能なバスの種類により価格が異なる。

 発売場所は、山梨県内が富士急行線の富士山駅、河口湖駅および森の駅旭日丘(山中湖)の各富士急バス案内所窓口。静岡県内が三島、沼津、新富士、富士宮、御殿場各駅の富士急バス案内所窓口。また全国の主な旅行会社でも取扱っている。

 パスポートに関する詳細は、富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会のホームページhttp://www.fujigoko-net.jp/に掲載されている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。