富士山と北アルプス、どっちが雪が多い

富士山と北アルプス、どっちが雪が多い
(ふじさんときたあるぷす、どっちがゆきおおい)

 冬季、シベリア気団からの北または北西の風が日本海を渡って吹いてくる。これが日本の中部山岳にぶつかるが、日本海を渡る際に多量の水分の供給を受けるため湿った風となり、山岳地帯を上昇するに従って大規模な雲を作り日本海側に悪天をもたらす。

 冬の季節風は中部山岳地帯を越えて太平洋側に強風をもたらすが、日本海で吸収した水分のほとんどは中部山岳地帯で雲や雪として失われ、湿度の低い乾燥した北または北西の風となって吹き去る。このため北アルプスや谷川岳を含む三国山脈とその北側斜面などは雪の量が多い。

 太平洋側に近い南八ケ岳、南アルプス南部、富士山は北アルプスに比べればはるかに降雪量は少なく、晴天の日が多い。

富士山と北アルプス、どっちが雪多い

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。