富士五湖のデータ比較

富士五湖のデータ比較
 富士五湖は古くは宇津湖とせの湖、旧河口湖、明見湖の4つの湖だった。宇津湖は山中湖、忍野八海、旧河口湖は河口湖、明見湖は盆地になっていく。せの湖はまず本栖が分かれ、後に精進湖、西湖に分かれたという。今から4500年前といわれ、富士の噴火に合わせて湖も変化し現在の形になったのは約1100年前ごろ。

 データをみると、最も面積が大きいのは山中湖、最小は精進湖。周囲が最も長いのは河口湖、最短は精進湖。容量が最も多いのは本栖湖で、面積が最大の山中湖に比べ約5倍となっており、深度が深いことを示している。最大深度は本栖湖が断然深い。透明度は本栖湖、西湖などの順である。お気付きかと思うが、水面標高は西湖、精進湖、本栖湖の3つが900.0メートルと同じである。
富士山NET−富士五湖のデータ比較
湖沼名 水面標高
(メートル)
湖岸線
(キロ)
面積
(平方キロ)
最大深度
(メートル)
容量
(立方キロ/1000)
透明度
(メートル)
山中湖 980.5 13.87 6.80 13.3 64.80 3.7
河口湖 830.5 20.94 5.70 14.6 55.50 4.2
西 湖 900.0 9.85 2.10 71.7 83.60 6.9
精進湖 900.0 6.80 0.50 15.2 3.52 2.8
本栖湖 900.0 11.82 4.70 121.6 328.00 12.7
資料提供:山梨県


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。