溶岩流上の森林

溶岩流上の森林
 富士山の代表的な溶岩流は青木ケ原、剣丸尾、鷹丸尾の3つで、その上に形成された樹林地にはそれぞれ特徴がある。

 青木ケ原は主な構成樹林がモミ、ウラジロモミ、ヒノキ、サワラなどの針葉樹。そのため森は暗い感じがする。

 諏訪ノ森から県富士山有料道路にかかる剣丸尾はアカマツ。鷹丸尾は剣丸尾に似たアカマツ林だが、ほかにハリモミがあるのが特徴だ。それぞれ異なる林を形成している森は下草の植生にも影響を与える。

 黒い森の青木ケ原はラン科の植物が多く、乾いた剣丸尾にはニシキウツギの仲間が多く見られる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。