県営第1号の有料道路は国内山岳道路の先駆け

県営第1号の有料道路は国内山岳道路の先駆け
 富士山有料道路(富士スバルライン)は、山梨県南都留郡河口湖町(現在の富士河口湖町)船津[標高857 メートル]から料金所を経て富士山5合目[標高2305メートル]を結ぶ総延長29.52キロの2車線完全舗装道路、県営第1号の有料道路として、1961(昭和36)年9月19日着工。国内山岳道路の先駆けとして、2年半の歳月と工費17億円、延べ19万8500人、セメント1万3500トンをつぎこんで、1964(昭和39)年3月24日完成、同年4月1日に供用開始された。完工式は5合目付近の根雪が解けるのを待って、供用開始後の同年5月27日に行われた。愛称の「スバルライン」は全国から公募。開通を前にした同年3月23日、天野久知事ら12人の愛称審査委員会によって、応募16万3937通の中から(4通)選ばれた。山梨県道707号富士河口湖富士線の一部。

 樹海を切り開いての道路開発は、環境保全の立場から論議を巻き起こした。富士山を舞台に多くの作品を残した作家新田次郎は沿道の荒廃ぶりを嘆き、保全を訴えた。

 富士山有料道路によって富士山の観光動態は大きく変化した。開通前の1963(昭和38)年夏には18万2000人だった富士山への観光客は、開通年の7、8月だけでも5合目までのバス、マイカー客が加わったことで、一気に52万人を突破した。この期間中、マイカー9万台、バス1万6000台、オートバイ1万4000台が料金所ゲートをくぐった。

 1987(昭和62)年、当時の建設省が選んだ「日本の道百選」に河口湖大橋有料道路とともに入選し、顕彰碑が設置された。その後、富士山有料道路を走る車両の排ガスによる樹木の立ち枯れが社会問題化し、県の立体駐車場計画への市民団体の反対運動なども絡み、1994(平成6)から夏季のマイカー乗り入れ規制が始まった。

 1997(平成9)年4月、河口湖大橋有料道路、八ケ岳公園有料道路とともに、県企業局から県道路公社に管理が移管された。また2005(平成17)年6月6日には、料金徴収期限が切れ、翌7日より全国で初めて通行料を環境保全対策などに充てる維持管理有料道路になった。

 駐車場は終点の5合目をはじめ、沿線の「剣丸尾駐車場(1合目下)」、「樹海台駐車場(2〜3合目間)」、「大沢駐車場(4合目手前)」および「奥庭駐車場(5合目手前)」にある。

 なお、2014年には通行料金の改定が行われた。夏のマイカー規制期間が53日間に延長することに伴い、料金収入の減収を穴埋めするため、バスなどの中型、大型、特大の3車種は現行から4割以上の値上げ。また、普通車と軽自動車は消費税増税分(3%)の値上げ。いずれも4月から通年で適用。

 また、2015年9月15日から11月30日までの平日に限り、普通車、軽乗用車、軽車両など一部の車種において通行料が無料化された。国の地方創生交付金を利用しての事業化。2016年は、交付金が充てられないことに加え、環境への影響を懸念する地元住民から反発の声が上がった経緯を考慮し、実施しない。



 ところで富士山有料道路の料金所(ゲート)は開設当初、富士河口湖町船津の国道139号との交差点近く、山梨県立富士ビジターセンター横にあったが、1986(昭和61)年1月に富士山頂寄り(南側)の現在地に約4.3キロ移動した。マイカーによる観光客の激増で同国道が激しい交通渋滞を起こすようになり、その解消を図るためであった。

 また、この道路の起点・終点にについては、終点は富士山5合目である。一方で起点は、富士急行線河口湖駅から西へ約200メートルの七軒町交差点で、起点から料金所までの約6キロは無料開放区間(一部生活道路)である。しかし、2005年の維持管理有料道路移行に伴い、「富士山有料道路」としての起点が料金所手前の胎内交差点[標高1050メートル]に変更され、総延長は24.1キロとなっている。「富士スバルライン」としての起点と総延長は従来通り。
富士山NET−【Q】県営第1号の有料道路は国内山岳道路の先駆け
富士山有料道路・富士スバルライン
営業時間
3月16日〜4月19日 9:00〜17:00
4月20日〜4月30日 6:00〜18:00
5月1日〜5月31日 6:00〜18:00
6月1日〜6月30日 3:00〜20:00
7月1日〜9月30日 24時間
10月1日〜10月31日 3:00〜18:00
11月1日〜11月15日 4:30〜17:00
11月16日〜11月30日 9:00〜17:00
12月〜3月15日 9:00〜16:00
※下り線(5合目→料金所)のゲートは上記営業時間終了1時間後にクローズする。
※天候や路面状況などにより、通行止めや営業区間・時間が変更される場合がある。
通行料金
普通車 2,060円
中型車 3,400円
大型車 4,700円
特大車 7,900円
軽自動車など 1,640円
軽車両など 200円
※上記料金は全線往復料金。片道料金は往復料金の半額。
※営業区間が「1合目下駐車場」までの場合は通行料金が上記と異なる。
※障害者割引、回数券などもある。
※2015年から一部の車種において通行料が無料となる期間がある。


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。