世界遺産「富士山」へ プロジェクト始動
富士山世界文化遺産国際シンポジウム(静岡)
インデックスへ
「日本の精神」象徴 次代へ守り伝える
 富士山の世界遺産登録への機運を盛り上げようと9日、静岡県富士市で開かれた国際シンポジウム。ユネスコの世界遺産委員会や、諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)に関係する海外の専門家2人が、登録申請の重要な要素である「顕著で普遍的な価値」の証明や、「文化的景観」のとらえ方などを詳しく解説した。国内の大学教授らを加え、「世界遺産と富士山の象徴性」をテーマに行われたパネルディスカッションでは、パネリストが富士山に日本の精神的伝統や文化的伝統が表れている点を評価。一方で遺産を保護・管理していくことの重要性にも触れ、今後の登録申請作業の道筋を示した。

2008年11月11日付 山梨日日新聞掲載


All rights reserved by YAMANASHI NICHINICHI Newspaper and YBS Yamanashi Broadcasting System.
富士山NETに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。