ぐんないスポット探訪
ぐんないスポット探訪
道の駅どうし (道志村) 旅の疲れ癒やす玄関口

道の駅どうし (道志村)
道の駅どうしには地元住民が作った木工品が数多く並ぶ=道志村
 国道413号沿いにある「道の駅どうし」(山口幹夫駅長)。首都圏から富士五湖周辺を目指す行楽客にとっては旅の途中で一息つく休憩スポットとして親しまれている。

 オープンは1999年4月。年間延べ約80万人の観光客が訪れる。タッチパネルやパンフレットで村内の観光情報を提供するほか、もろこし祭りやほうとう祭りなど年数回のイベントで、訪問客をもてなす。

 建物は道志川のほとり。館内は、地元特産のクレソンをはじめとした農産物や木工品の直売所のほか、地元の主婦手作りのクレソンを練り込んだうどんやケーキを提供するレストランがある。

 都会の喧噪(けんそう)を離れ、年数回ドライブ途中に訪れるという横浜市の夫婦は「道志村の自然や空気を味わえて、癒やされるような、山梨県の玄関口であってほしい」と話す。

 ■所在地 山梨県南都留郡道志村9745


All rights reserved by YAMANASHI NICHINICHI Newspaper and YBS Yamanashi Broadcasting System.
富士山NETに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。